楽しい筈だった国内旅行もふとしたきっかけで楽しくない苦い思い出へと大変貌を遂げてしまう事も珍しくありません。それが不本意でなったとしてもです。そんな国内旅行がどうして楽しくない旅行へとなったのかはいろんなケースがあります。そのケースを幾つか見ていきましょう。

国内旅行 楽しくない~楽しくない国内旅行経験集

ケース1「旅行先で喧嘩」

ふとしたきっかけで喧嘩になってしまった経験は1つや2つあるでしょう。問題はよりによって旅行先で喧嘩になってしまい険悪ムード、1人旅行なら相手がいないので喧嘩のしようがないですが複数人の団体旅行だと残された人は気まずい雰囲気でギスギスした感じになるのは容易に想像できます。

ここで非がある人が謝れば事は穏便なのですが意固地な人だったりすると最悪、最終日までずっと続いたままで結局楽しめる物も楽しめなかった…ってケースもよく見られました。

ケース2「情報不足」

旅行となると有名観光スポットやお店へ足を運ぶ人が多いですがどこも年中無休とは限らずその日は定休日、酷い場合は不景気で店やスポット自体が閉店、閉鎖している等と言った事もあります。問題はそれらを旅行当日までまともに調べずに出向いたらお目当ての店や観光スポットへ行く事が出来なかった…なんて事もよく見受けられます。

ちゃんと調べたけど急な天候不良や相手側の不手際でやむを得ず行けれなかった場合はご愁傷様ですとしか言いようが無いですが下調べせずに出向いて行けれなくて文句を言ってるのであればそれはちょっと下調べ足りないんじゃない?と言いたくなります。

ケース3「体調不良」

こちらも度々見かけますが急な環境や気温等の変化に体がついていけず頭痛等で体調を崩して酷い場合は旅行してる場合じゃないと宿泊先で寝込んでる事もあります。こちらは個人差に影響されるのでアドバイスは正直しにくいですが少なくとも

・万が一に備えて薬(頭痛薬等)を持って行く
・極端に寒暖差がある地域へ行く場合は長袖や半袖等その地域の気温に合わせた衣装を何着か保険で持って行って体温を極力維持する

と言った方法が有効です。

ケース4「イメージと違う」

見ると聞くでは話が違うとよく言いますが旅行中でもそんな光景がよく見られます。例えば

・旅行先の名物料理、写真やニュース等では美味しく見えるも実際に食べてみるとイマイチ
・行こうと思ってた観光スポットが実際に行ってみると汚い、思いの外地味、しょぼいetc

こればかりは実際に行ってみないと分からない事ですがそんなギャップにやられる前に事前に行ってマイナスイメージを持ってる人達の話やレビュー等を覗いて見て予防しておいた方がいいでしょう。こんな感じで楽しくないケースが出てきました。他にも幾つか参考になるケースはありますがそれでも多いとなるとこの4つが特に…って所になるようです。

JAL 予約が便利なサイト
JAL航空券予約|格安航空券サイト 国内航空券の最安値販売は空旅.com
■URL:https://www.soratabi.com/jal/